始めに、自己破産を請求するまでは負債者個人に直接の電話での返済請求と負債のある住んでいる家への直接訪問によった集金は違法行為でないということになります。さらに、破産申請の書類手続きに進んでから申請までに時間があった場合では債権保有者は無理な集金を行う割合が高くなります。債権者サイドからすると債権の払込もしないままかつ自己破産のような法律上の手続きもされないといった状態であればグループ内で処理をなすことができないからです。その上、一部にはエキスパートに依頼していないと知ったなら、相当強行な取り立て行為を繰り返す債権者も存在しています。司法書士または弁護士法人にアドバイスを求めた場合は、個別の債権保持者は負債者に対する取り立てを実行することが許されません。要請を受諾した司法書士あるいは弁護士事務所は事件を受けたという意味の郵便を各取り立て業者に送付し各取り立て会社がその郵便を見た時点で被害者は債権者による危険な徴集から放たれるという流れになります。ところで、勤務地や父母宅へ行っての返済要求は法の規程で禁止されています。貸金業で登録されている業者ならば職場や親の自宅へ訪問しての収金は貸金業法規制法に違反しているのを知っているので、法に反していると言ってしまえば、そのような返済要求をし続けることはないと考えられます。破産に関する手続きの後は申請者にあてた取り立てを入れ、ありとあらゆる返済要求行為は禁止になりますので業者からの支払い請求行為はきれいさっぱり消えてなくなることでしょう。けれども中にはそういったことを分かっているのにやってくる業者もゼロであるとはいえません。登録済みの業者ならば、自己破産の申請後の徴集行為がガイドに反しているのを認知しているので、違法だと伝達してしまえば、法外な徴集を継続することはないと言っていいでしょう。といってもブラック金融と呼ばれる登録外の取り立て屋についてはこの限りではなく、過激な取り立てが原因の被害が無くならないのが今現在の状況です。裏金が業者の中にいそうなときはどんな理由があれ弁護士または司法書士の人などの法律屋に依頼するといいと考えます。